ブライダルブログ

こんにちは。
ブライダルの合原です。

あっという間に2月になりましたね。
暦上では、節分も終わり『春』ですがまだまだ寒い日が続きます。

さて、本日は
先日のブログ『六輝の意味』の続編をお届けします。

度々お客様に「大安を選ぶべき?」とご質問をいただきますが、
無理に 『大安』を選ばなくても、おふたりが決めた日が好日です。
しかし、日取りを気にされる場合は
六輝にはそれぞれ意味がありますので、是非ご参考にされてください。

本日は『先負』と『先勝』について書かせていただきます。

 先負(さきまけ・せんぷ)
午前中は凶、午後は吉。
先んずれば負けるという意味。
何事も控えめに。急用などを避け、静かに待つのが良い日とされています。
ゆっくり午後から披露宴を行いたいという方や
ご家族や親族のみでゆっくりと披露宴をされたい方にはオススメです。

先勝(さきがち・せんしょう)
午前中は吉、午後は凶。
先んずれば勝つという意味。
『先負』とは真逆の
急ぐことが吉とされる日。
お急ぎ婚をお考えのおふたりにはオススメです。

お急ぎ婚の場合、
「この時期までには披露宴をしたい!…けど大丈夫かな?」と
多くの方が悩まれるとお聞きします。
しかし、安心してください!大丈夫です!

ホテルニューガイア オームタガーデンでは最短5週間で憧れの挙式が叶います
私たち専属のスタッフが、
準備から当日までしっかりとサポートさせていただきます。

直接ご来館いただきお打ち合わせが難しい場合は、電話やメールでのお打ち合わせも可能です。
お気軽にご相談ください。

さて、今回は全く真逆の意味を持つ、
『先負』と『先勝』について書かせていただきました。
次回は残すところあと2つ、『赤口』と『仏滅』です。

お楽しみに★

ブライダル 合原